刺しゅう入りも良いかも!?バートル防寒ブルゾン「7210」のおすすめポイントを紹介!

ワークウェアブランドとして絶大な支持を集めている「BURTLE(バートル)」。そんなバートルが手がける防寒ブルゾン「7210」シリーズは、寒い冬の作業にピッタリな防寒服として人気を集めています。人気の理由はズバリ、「7210」が持つ高い機能性です。

ここではそんな「7210」のおすすめポイントを細かく紹介していきます!ちなみにこの「7210」は、刺しゅうでネームを入れて従業員用として活用している企業もあるようです。

→秋冬用のバートルの防寒ブルゾン8110は大人気

防寒ブルゾン「7210」を手がける「BURTLE(バートル)」とは?

冬の作業に最適な防寒服として人気を集めている防寒ブルゾン「7210」は、広島県に本社及び本社工場を構えるブランドである「BURTLE(バートル)」が開発した製品です。普段、作業着に馴染みのない人はあまり聞いたことのないブランド名かもしれませんが、このバートルは急成長しているワークウェアブランドとして知られていて、優れたアイテムを次々と発表しています。

バートルのこだわりはクオリティの高い製品を購入しやすい価格で提供すること。実際にバートル製品のラインナップを調べてみると、ハイスペックな機能を持つ製品でも1万円以下で購入できるものが多く、価格はかなり良心的です。

それゆえ、バートルが販売している作業服を大量購入して従業員の制服にしているという企業も少なくありません。機能的な作業服をリーズナブルな価格で購入したいと思っている人は、バートル製品を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

ちなみにバートルが手がける作業服は、多くのユーザーからオシャレでカッコいいと好評を集めています。その理由は、バートル製品に採用されているシルエットにあると言えるでしょう。バートルの作るジャケットやパンツには、今流行しているアパレル商品のように細身でスタイリッシュなシルエットが施されています。

そのため、多くの人が作業服に抱く「ダサい」というイメージを見事に打ち破っており、オシャレに作業服を着こなしたいというユーザーの欲求を満たすことに成功しているのです。そんなスタイリッシュなバートル製品はワークシーンだけではなく、アウトドアやスポーツ観戦のような場面でも活躍するアイテムとしても注目を集めています。

→burtleの防寒ベストであるバートル5264が人気を集めている理由

「7210」のおすすめポイント①「サーモトロンラジポカ」

防寒服にとって最も大事になるのが暖かさです。せっかく防寒服を購入しても、冬の野外の厳しい寒さの中で使えないようだと全く意味がありません。よく、防寒服とは謳っているもののほとんど防寒効果がないような商品を見かけます。

また、防寒効果をしっかりと説明できないような防寒服も数多く販売されています。防寒服を選ぶ際には、そのような品質の低い製品を誤って購入しないようにしましょう。その点で言えば、バートルから販売されている防寒ブルゾン「7210」は、根拠のある防寒性能をしっかりと備えた優良な防寒服だと言うことが出来るでしょう。

そんな高い防寒性能の根拠になっているのが「サーモトロンラジポカ」と呼ばれる特殊な素材です。この「サーモトロンラジポカ」とは、太陽の光を浴びることで熱を発生させる保温素材のことで、「7210」の裏地にはこの「サーモトロンラジポカ」が使われています。

そのため、野外で作業しているうちに身体が自然に温められ、厳しい寒さの中でも作業に集中することが出来るのです。ちなみにこの「サーモトロンラジポカ」は全天候型保温素材とも呼ばれており、晴れた日だけではなく日光の少ない曇りや雨の日でもわずかな太陽光をエネルギーにして発熱します。

天気が良い日はもちろんのこと、悪天候の日でもしっかりと保温効果を発揮してくれるので、天候を気にせずに着用できる事も「7210」の魅力的なポイントだと言えるでしょう。

「7210」のおすすめポイント②「耐水圧2000m/m」

とても暖かい防寒服として人気を集めている「7210」ですが、魅力はそれだけではありません。非常に高い撥水性能を備えていることも、この製品が持つ大きな特徴です。「7210」の表地はPUコーティング加工が施されており、水が浸透しないようになっています。

その防水性の高さは「7210」が持つ「耐水圧2000m/m」という数字からも感じ取ることが出来るでしょう。ちなみにこの耐水圧ですが、一般的には300m/mで小雨、2000m/mで傘が必要になる中雨程度とされています。

この目安から言うと「7210」は、小雨程度なら問題なく使用することが出来て、傘が必要になるような中雨の中でも作業を行えるような防水性能を持っているということになります。

ちなみに「7210」には大型のフードも備わっているので、雨から頭部を保護することも可能です。また、このフードはヘルメットを着用したままでも使用できるので使い勝手も良好。逆にフードが不要であれば、ファスナーを利用してフードを取り外すことも出来ます。

このように使いやすさもしっかりと考えて設計されていることも、バートル製品ならではの魅力だと言えます。

「7210」のおすすめポイント③「選べるカラーバリエーション」

バートルの防寒ブルゾン「7210」の3つ目のおすすめポイントは、カラーバリエーションが豊富なことです。作業服や防寒服として定番のブラックやネイビー以外にもカラーがあるので、使用目的や好みに合わせて選ぶことが出来ます。

例えば、従業員用として「7210」を導入するのなら、周囲から目立つマーベリックカラーを選ぶことで仕事現場で自社の従業員を見つけやすくなることでしょう。逆にそこまでは目立ちたくないけど、ブラックやネイビーだと他社の人と色が被る恐れがある場合には、他のブランドではあまり見かけないクーガーカラーを選ぶことで差別化することが出来るはずです。

このようにカラーを自由に選ぶことが出来る「7210」なら、かなり便利に活用することが出来るのではないでしょうか。

「7210」に刺しゅうで会社名や個人名を入れよう!

かなりの高機能を持つバートルの防寒ブルゾン「7210」は、現場仕事でとても頼りになるアイテムです。それゆえに、従業員用の防寒着として導入する企業も多いと聞きます。もし、従業員用として「7210」を購入するつもりなら、刺しゅうで会社名や個人名を入れるのも良いかもしれません。

刺しゅうで名入れをしたい場合には、バートルの作業服を取り扱う代理店を利用すると良いでしょう。このような代理店では、無料もしくは数百円のオプション料金で会社名や個人名を刺しゅうしてくれます。そのままの「7210」も十分にカッコいいですが、刺しゅうを入れることでさらに印象が引き締まりますよ。

バートルの防寒ブルゾン「7210」は仕事着にピッタリ!

大人気のワークウェアブランド「BURTLE(バートル)」から販売されている防寒ブルゾン「7210」は、高い防寒性能と優れた防水性能を備えていることから、現場仕事で活躍するアイテムとして重宝されています。

そんな防寒ブルゾン「7210」を、仕事着として活用してみてはいかがでしょうか。従業員用の仕事着として使うなら、会社名を刺しゅうで入れるのも素敵かもしれませんね。

→冬の現場仕事にはバートルの防寒着7510が大活躍!その魅力について紹介します!