冬の現場におすすめ!バートル防寒服2800

気温が下がる冬の現場では、防寒着が重要です。寒くて体温が下がると指や体が上手く動かなくなり、思わぬ事故やケガの原因になりかねません。冬の作業着として人気を集めているのがバートル防寒服2800です。

バートルは、かっこいい作業服をリリースする作業服メーカーとして注目を集めています。

最適な防寒着の選び方やバートル防寒服2800の特徴を紹介します。

作業服で人気のバートルとは?

バートルは作業服メーカーの一つです。バートルは従来までの作業服が持つネガティブなイメージを払拭したことで注目を集めました。作業服は安さや丈夫さが優先され、デザインは二の次であることが多かったです。しかし、バートルはスタイリッシュでかっこいい作業服を次々と発表しました。

単純にデザイン性だけを高めるだけではなく、機能や品質にもこだわったのがポイントです。おしゃれで機能的なワークウエアとして多くの作業員に愛用されています。バートルは価格にもこだわり、リーズナブルな価格を実現しているのも人気の理由の一つです。

バートルの手がける作業着は、スッキリとしたデザインのものが多いため普段着として着るファンも多いです。バートルの作業着を毎日のコーディネートに取り入れてSNSにアップするブームも起こりました。作業着を着こなす女性が「作業着女子」のハッシュタグで作業服コーデをアップするなど楽しみ方も様々です。

バートルの作業服は防水機能や防寒機能に優れているアイテムも多く、ブルゾンやジャンバーなどを通勤通学に使用する人もいます。

作業用防寒着の重要性

作業員にとって、どの作業着を着用するのかという点は非常に重要です。基本的に作業着は、耐久性に優れていなくてはいけません。作業服は様々なリスクから作業員を守る役割を持っています。現場にもよりますが少しの衝撃や摩擦で破れていては使い物になりません。

次に動きやすさも大切です。どんなに高性能の作業服でも、作業の邪魔になるものは作業効率が落ちてしまいます。気温が低い現場での作業には防寒着は必須です。人間の体は体温が下がると、体がブルブルと勝手に震えます。

これはシバリングといって、体温を維持するために筋肉を動かし熱を生み出しているのです。シバリングが起きてしまうと、作業に支障が出てしまいます。シバリングを予防するためにも、体温をしっかりと維持できる防寒着を選びましょう。

また体温の低下は思考速度の低下も招きます。寒いと頭が回らなくなって事故やケガの危険性が上がってしまうので要注意です。

作業用防寒着の選び方

作業現場で着用する防寒着は、現場の温度で選ぶのがおすすめです。防寒着には氷点下の極寒地や冷凍庫での作業に対応するものから、冬の平均的な気温に対応するものまでランクが様々あります。現場の温度に合わせて選びましょう。

次に作業現場の環境に合わせて、防寒着の機能で選びます。屋外の作業で雨や雪で濡れる可能性がある場合には、防水機能が必要です。作業で汗をかき、ムレが気になる時には透湿性に注目しましょう。透湿性とは、内から外へ水蒸気を出す働きを指します。

透湿性が高ければムレた空気が外に出ていくため、防寒着内を快適に保つことが可能です。このように防寒着は作業現場の環境に合わせて選ぶのがベストになります。現場環境とミスマッチな防寒着を選んでしまうと「失敗した」と後悔することもありますので注意してください。

現場の気温や環境が変化する場合、例えば屋外と屋内両方の作業があるケースです。その場合には、防寒着選びが難しくなりますので重ね着で対応しましょう。重ね着をすることをレイヤリングと言い、状況に応じて防寒着を脱いだり着たりして体温や機能を調節します。

レイヤリングの一例としては、一番下にベースレイヤーとして通気性の良い肌着、中間にミドルレイヤーとして作業着、一番上にアウターとして防寒着を重ねるのが一般的です。寒さが厳しい屋外の作業時には防寒着を着用し、屋内での作業では防寒着を脱いで作業します。

レイヤリングの組み合わせによって、様々な作業現場に対応することが可能です。

バートル防寒服2800の特徴

バートル防寒服2800は、スッキリとしたシルエットが特徴の防寒ジャンバーです。首元にウール混フライスを使用し、冷気が入り込むのを防ぎ保温性を高めます。撥水加工が施されているため、水や汚れをはじいてお手入れが楽ちんです。

左胸にある携帯電話を入れるポケットはジッパー付きで落下を防ぎます。フードは大型でヘルメットの上からでもすっぽりとかぶることができて便利です。内ポケットと袖にペンポケットがあり収納力もしっかりとあります。

カラーはネイビー・デュークの2色です。M・L・LL・3L・4L・5Lとサイズ展開も豊富です。ほっそりと見えるデザインで普段使いもできる防寒服です。

→冬の現場仕事にはバートルの防寒着7510が大活躍!その魅力について紹介します!

バートル防寒服2800のおすすめレイヤリング

バートル防寒服2800におすすめのレイヤリングは、ベースレイヤーに汗をよく吸うインナーを着用するスタイルです。バートル防寒服2800は寒さを防ぐ機能が高いため、作業中に汗をかくことがあります。汗はムレてにおいの原因になりますし、体も冷えてしまうので注意が必要です。

汗対策として吸汗能力が高く抗菌・防臭効果のあるインナーが適しています。汗が素早く乾く速乾機能も備わっているとより快適です。ミドルレイヤーは現場の状況に合わせてインナーベストやワークシャツを合わせましょう。

ミドルレイヤーは中間に着るので、ボタンやチャックなどの引っ掛かりがないデザインのものが合わせやすいです。特にベストは腕が動かしやすいので、バートル防寒服2800のミドルレイヤーにピッタリです。

中間着は着脱のしやすさを考えてシンプルなデザインのものを選びましょう。バートル防寒服2800は細身のシルエットなので、厚みのあるインナーやミドルレイヤーだと動きにくさができることがあります。できるだけ薄くアウターに影響が出ないものを重ね着するのがおすすめのレイヤリングテクニックです。

→刺しゅう入りも良いかも!?バートル防寒ブルゾン「7210」のおすすめポイントを紹介!

バートル防寒服2800は冬の現場に最適!

気温の下がる冬の現場では防寒着が活躍します。寒さを防ぐとともに、動きやすい防寒着を着用すれば作業効率を落とさずに作業できるのがメリットです。バートル防寒服2800は防寒性に優れ、スタイリッシュなデザインで人気を集めています。

大型フードや汚れをはじく撥水加工、携帯電話用のポケットなどがあり機能性も十分です。

詳細(バートル防寒着 ... ユニフォームタウン)https://www.l-m.co.jp/work/burtle/warm/